■ L TOPICS(全国の地域情報等)
神奈川・藤沢で暗闇の中念仏唱える法要

 神奈川県藤沢市の遊行寺で11月27日、「遊行寺の一ツ火」が行われる。

 約700年の歴史を持つ法要で、「報土入り」と「御滅灯(おめっとう)」から構成される。

 「御滅灯」では本堂内の明かりがすべて消され、暗闇の中で念仏が唱えられる。その後火打ち石で打ち込まれた火が順に灯明へと移され、徐々に明るくなっていくさまは、念仏により世界が「極楽浄土」に生まれ変わることを表現しているという。

 元は年末に行っていた行事で、「一年の悪行を懺悔(ざんげ)し、来年の善行を志す」という意味もあるとされる。

 問い合わせは、遊行寺(電話0466−22−2063)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2017年10月26日 (木) 8:57