■ L TOPICS(全国の地域情報等)
愛知・新城で武田軍を供養する火踊り

 愛知県新城市の長篠・設楽原(したらがはら)決戦場跡で8月15日、「信玄原の火おんどり」が行われる。

 織田・徳川と武田両軍が激戦を繰り広げた決戦場跡にある、戦死者を葬った「信玄塚」で行われる慰霊行事。

 合戦後、この塚から大量のハチが発生し人々を苦しめたことから、これを武田の亡霊の仕業と考えた村人たちがたいまつを燃やして供養したのが祭りの始まりといわれている。

 長さ2〜3b、直径80aほどにもなる大たいまつを抱え、おはやしに乗せて振り回す。400年以上も続く勇壮な伝統行事で、「火おんどり」という名称は「火踊り」がなまったものとされている。

 問い合わせは、新城市観光協会(電話0536−32−0022)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年07月15日 (水) 9:56