■ L TOPICS(全国の地域情報等)
京都・鞍馬寺で竹切る速さを競う

 京都市の鞍馬(くらま)寺で6月20日、「竹伐(き)り会式(えしき)」が行われる。

 同寺は源義経(幼名・牛若丸)の修行地として知られる寺。行事は寛平年間、峯延上人が修行中に現われた大蛇を仏法の力で倒した故事に由来するもので、災いを断ち切り、水への感謝を表している。

 長さ4b、太さ15aほどもある青竹を大蛇に見立て、僧兵姿の鞍馬法師が近江座と丹波座に分かれて竹を切る早さを競う。早く切れた方の地域がその年は豊作になるとされている。僧兵たちが勢いよく山刀を振り下ろし竹を切っていく姿は圧巻。

 問い合わせは、鞍馬寺(075−741−2003)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年05月20日 (水) 9:46