■ L TOPICS(全国の地域情報等)
熊本・八代で雪もち食べて無病息災祈る

 熊本県八代市の八代神社で5月31日、6月1日に「氷室祭」が行われる。

 「氷室」は、冬の氷を夏まで貯めておく室(むろ)のこと。祭りは、同地で隠居生活を送っていた細川忠興の無病息災を祈願し、住民が氷室に保存していた残雪を献上した故事に由来しているもの。

 現在は雪に替わって「雪もち」が用いられ、これを食べると無病息災で過ごせるとされる。当日は同神社参道に雪もちを販売する店が並び、還暦を迎えた人や厄年の人などが1年の無事を祈って多く訪れる。

 問い合わせは、八代神社(電話0965−32−5350)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年05月12日 (火) 11:3