■ L TOPICS(全国の地域情報等)
静岡・浜松の方広寺で火難よけの火祭り

 静岡県浜松市の方広寺で2月16日、「奥山半僧坊(はんそうぼう)火まつり」が行われる。

 同寺の鎮守である奥山半僧坊権現は、後醍醐天皇の皇子である無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)が中国から船で帰国する際、嵐に巻き込まれた船を守護し無事に港まで送り届けたという神。この逸話から、災難を除く権現様として広く信仰を集めている。

 同祭りは厄よけ祈願として行われるもの。白装束に身を包んだ行者が魔よけの儀式を行い、約5bにわたり敷き詰められた護摩の火を鎮めて「火渡り」を行う。

 儀式後は一般の人も「火渡り」を行うことができ、境内は火難を払おうとはだしで神火を踏み切る老若男女でにぎわう。

 問い合わせは、方広寺(電話053−543−0003)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年01月20日 (火) 10:1