■ L TOPICS(全国の地域情報等)
和歌山・新宮で1400年の伝統持つ火祭り

 和歌山県新宮市の神倉神社で2月6日、「お燈(とう)まつり」が行われる。

 同神社の例祭で、約1400年の伝統を持つ火のみそぎ神事。

 白装束に荒縄を締めた約2千人の男たちがご神火を移したたいまつを持ち、一年の家内安全などを祈願して神倉山の山頂から538段の急な石段を駆け下りる。たいまつの火が連なって流れ落ちるように見えるその壮観さは「お燈まつりは男の祭り、山は火の滝くだり竜」と新宮節にうたわれているほど。

 問い合わせは、新宮市観光協会(電話0735−22−2840)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年01月14日 (水) 9:54