■ L TOPICS(全国の地域情報等)
滋賀・近江神宮で時計奉納する神事

 滋賀県大津市の近江神宮で6月10日、「漏刻(ろうこく)祭」が開かれる。

 同神宮の祭神・天智天皇は、「漏刻」と呼ばれる水時計を創設し、日本で初めて時報を開始したとされている。

 同祭は「時の記念日」である6月10日に天智天皇の偉業をたたえるとともに、社会や文化の発展を祈願して行われる。

 当日は時計メーカーや業界関係者が参列し、最新の時計製品を神前に供えて時計の歴史の進展を奉告する。

 また、奉納行事として女人舞楽なども行われ、華やかな衣装による舞が見られる。

 問い合わせは、近江神宮(電話077−522−3725)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年05月23日 (金) 9:10