■ L TOPICS(全国の地域情報等)
三重・明和で華やかな平安絵巻再現

 三重県明和町の国史跡斎宮跡周辺などで6月7、8日に「斎王(さいおう)まつり」が行われる。

 同町は、かつて天皇の代わりに伊勢神宮に使えていた女性「斎王」が暮らしていた斎宮があった地。2日間にわたり、儀式の再現など平安時代の王朝絵巻を今に再現する。

 7日は前夜祭として、開会式や斎王市などが行われる。8日には、禊(みそぎ)の儀のほか、十二単の斎王をはじめ華やかな装束を身にまとった女官や童女などによる斎王群行などが催される。

 問い合わせは、斎王まつり実行委員会(電話0596−52−0054)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年05月19日 (月) 9:2