NEWS

静岡・小國神社で十二段の舞楽奉納

 静岡県森町の小國(おくに)神社で4月19、20日に「十二段舞楽」が奉納される。

 国指定重要無形民俗文化財「遠江森町の舞楽」の一つで、701(大宝元)年に勅使が奉納したときに舞ったのが始まりとされる。

 天宮神社の十二段舞楽と二社一体とされ、両社の舞楽が奉納されることで地域の豊穣(ほうじょう)や国家安泰が図られるという。

 舞楽は12段で構成され、うち6段は稚児が舞う。

 問い合わせは、小國神社(電話0538−89−7302)へ。

Last Update : 2014年04月03日 (木) 9:1


 

Copyright (c) 2005 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年04月03日 (木) 9:1