NEWS

京都・醍醐寺で明王らから力授かる

 京都市の醍醐寺で2月23日、「五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)」が行われる。

 「五大力さん」の名で親しまれる同寺の五大明王(不動明王、大威徳明王、軍荼利明王、降三世明王、金剛夜又明王)から力を授かり、国の平和や国民の幸福を願う行事。

 同寺の全山僧侶が堂にこもり祈祷(きとう)を行った災難・盗難よけのお札「御影(みえい)」が授与されるのがこの日のみとあって、早朝からお札を求める人でにぎわう。

 また、男性は150`、女性は90`の巨大な鏡餅(もち)を持ち上げた時間を競う「餅上げ力奉納」も行われ、無病息災や身体堅固を祈る。

 問い合わせは、醍醐寺(電話075−571−0002)へ。

Last Update : 2014年01月28日 (火) 9:1


 

Copyright (c) 2005 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年01月28日 (火) 9:1