■ L TOPICS(全国の地域情報等)
広島・庄原で光が織り成す幻想的な空間

 広島県庄原市の国営備北丘陵公園で1月5日まで、「ウインターイルミネーション2013」が開催されている。

 同公園は1995(平成7)年4月に開園。国営公園として全国で11番目、中国地方では1番目に設置された。

 イベントでは「星降る夜、光る森の物語〜LOVE いろいろな愛のかたち〜」をテーマに、丘陵の地形を生かしたデザインのイルミネーションが展開される。

 エリアごとに「出会い」「紡ぐ」「誓い」「育(はぐく)む」というテーマが設定されており、約70万球の電球が冬の空を幻想的に彩る。ライトアップは午後5時半から9時まで。入園料は大人400円、小・中学生80円。

 問い合わせは、備北公園管理センター(電話0824−72−7000)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年12月10日 (火) 8:56