■ L TOPICS(全国の地域情報等)
愛知・夜を徹して舞う坂宇場の花祭り

 愛知県豊根(とよね)村の八幡神社で11月23、24日に「坂宇場(さかうば)の花祭」が開かれる。

 花祭とは、「花宿」と呼ばれる建物を五色の色紙を切って作った「切り草」で飾り、その土間を「舞庭」として、夜を徹して神々に舞を奉納する祭り。

 北設楽(したら)地方に伝わる民俗芸能で、1976(昭和51)年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 小さな子どもが舞う「花の舞」や巨大な仮面の鬼がまさかりをかざして舞う「山見鬼」「榊(さかき)鬼」など、さまざまな舞が行われ、「テーホヘ、テホヘ」という掛け声と共に舞手と観客が一体となって祭りを盛り上げる。

 問い合わせは、豊根村観光協会(電話0536-87-2525)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年11月22日 (金) 8:55