■ L TOPICS(全国の地域情報等)
岐阜・南宮大社で半年の汚れはらう神事

 岐阜県垂井(たるい)町の南宮大社で6月30日、「茅(ち)の輪くぐり」が行われる。

 「茅(ち=かや)」とは、茅萱(ちがや)、菅(すげ)、薄(すすき)などの総称で、それらで作られた輪をくぐり越えることで罪や汚れを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするもの。

 同神事は別名「夏越(なごし)のはらい」とも言われ、災害や病気が発生しやすくなる時期を前に、1年の折り返し地点でもある6月30日に毎年行われている。

 茅でできた輪を、左回り、右回り、左回りと八の字を描くようにくぐり、半年間の罪、汚れをはらい清める。

 問い合わせは、南宮大社(電話0584-22-1225)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年06月21日 (金) 9:2