■ L TOPICS(全国の地域情報等)
栃木・日光の川俣地区に伝わる元服式

 栃木県日光市の川俣(かわまた)集会所で1月26日、「川俣の元服式」が開かれる。

 同地区に古くから伝わる成人儀礼で、1987(昭和62)年、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 数え年20歳の男子が後見人を選び、親分と子分の関係を結んで実の親子同様の付き合いをしていくことになる。

 かつては親分から新成人に新しい名前が贈られたことから「名付け式」とも呼ばれていた。

 当日は郷土芸能の三番叟(さんばそう)やえびす大黒舞なども披露される。

 問い合わせは、湯西川・川俣・奥鬼怒(おくきぬ)温泉観光協会(電話0288-97-1126)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年01月23日 (水) 9:40