■ L TOPICS(全国の地域情報等)
山形・米沢の千眼寺で年越し祭

 山形県米沢市の千眼寺境内で12月4日、「保呂羽(ほろは)堂の年越し祭」が開かれる。

 半裸の若者たちが千本ぎねを持ち、ねり唄・つき唄をうたいながらもちをついた後、あげ唄とともにもちを天井高く突き上げるのが特徴。天井のススが多くついたもちほどご利益があるといわれている。

 つき上がったもちは参拝者に振る舞われ、今年の感謝を皆で分かち合う年越し祭となっている。

 問い合わせは、米沢市役所商工観光課(電話0238-22-5111)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年11月29日 (木) 8:58