■ L TOPICS(全国の地域情報等)
三重・伊勢で先祖の霊迎え送る踊り

 三重県伊勢市の円座町正覚寺で8月15日、「円座のかんこ踊り」が行われる。

 「かんこ」とは、雅楽に使われる羯鼓(かっこ)と呼ばれる小さな太鼓からきた呼び名だとされている。

 踊り手たちは白馬の尾の毛で作られた「シャグマ」と呼ばれるかぶり物をかぶり、黒と白のしま模様の衣装に腰みのを着け、胸につるした鞨鼓を打ち鳴らしながら舞う。

 毎年盆の時期に行われ、祖先の精霊を迎え慰める「精霊踊り」と、精霊を送り出す「念仏踊り」からなっている。

 問い合わせは、伊勢市観光企画課(電話0596−21−5565)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年08月09日 (木) 9:2