■ L TOPICS(全国の地域情報等)
岡山・「珈琲」の字、発祥の地でイベント

photo 幕末の蘭学者で津山藩医・宇田川榕菴(1798〜1846)の命日にちなんだイベントがこのほど、岡山県津山市の城西地区で行われた。

 榕菴は日本で初めて化学を体系的に紹介し、「元素」、「酸素」、「酸化」など現在でも使われる化学の基礎的用語を多数作った。また「細胞」など生物学用語も同様に榕菴が多数作ったことで有名。

 同じく蘭学者で養父の宇田川玄真に学び、玄真とともにオランダ商館長と面談したときに飲んだとされるコーヒーに興味を持ち、現在では一般的に使われている「珈琲」の字も榕菴が考えた。

 イベントは榕菴の偉業を広く知ってもらおうと同地区で榕菴の遺した資料から当時のコーヒーを再現して併設のカフェで提供する町づくり拠点施設の城西浪漫館が企画した。

 参加者らは宇田川家の墓所、泰安寺(同市西寺町)で榕菴の墓前にコーヒーを供えた後、榕菴がコーヒーを飲むのに使用し、同館が復元したコーヒーカンでいれたコーヒーと同館が所蔵する榕菴の著書「遠西医方名物考補遺」などゆかりの品々を手に郷土の偉人に思いをはせた。

 写真=墓前にコーヒーを供え郷土の偉人に思いをはせる参加者ら

 当日の様子(城西浪漫館HP)


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年06月29日 (金) 11:23