■ L TOPICS(全国の地域情報等)
京都・出雲大神宮で疫病鎮める祭り

 京都府亀岡市の出雲大神宮で、4月18日に「鎮花祭(はなしずめのまつり)」が行われる。

 雨ごい神事がその起源として伝えられている同祭り。古くから花が散る季節には疫病がまん延すると考えられ、それを鎮めるために執り行われてきた。

 神事が終わると、京都府登録無形民俗文化財にもなっている「出雲風流花踊」が奉納される。

 四季の花などで飾った花がさをかぶり、狩ぎぬや水干に白足袋姿の踊り手が、小太鼓をたたきながら歌や笛に合わせて踊る。

 問い合わせは、出雲大神宮社務所(電話0771-24-7799)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年04月12日 (木) 9:12