■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
埼玉・秩父で熊倉城主も見た獅子舞

 埼玉県秩父市の熊野神社で10月14日、「下郷のささら獅子舞」が行われる。

 同舞は神社の氏子らによって舞い継がれてきたもので、戦国時代に熊倉城主に召されて城中で舞を披露したことから「御殿ささら」とも呼ばれている。

 雄獅子、雌獅子、子獅子と笛方、歌方、花笠(がさ)などから構成され、三頭の獅子は「五つ紋」の紋付きばかまと白足袋で舞うのが特徴。

 役に応じて地元の子どもらも参加し、境内前に設置した舞台で舞を奉納する。

 問い合わせは、秩父市荒川総合支所(電話0494−54−2114)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2017年09月13日 (水) 9:8