■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
千葉・南房総で食材を供養する儀式

 千葉県南房総市の高家(たかべ)神社で5月17日、「庖丁(ほうちょう)式」が行われる。

 同神社は料理の神様を祭っており、料理人や関連業者などから信仰を集めている。

 庖丁式では、烏帽子(えぼし)と直垂(ひたたれ)を身にまとった料理人が包丁とはしだけを使い、食材に手を触れることなく真ダイやカツオ、コイなどをさばいていく。

 古式にのっとった所作と包丁さばきで、普段食材となっている生き物たちの供養を行う。

 問い合わせは、高家神社(電話0470−44−5625)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2017年04月27日 (木) 9:20