■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
千葉・成田で古札たき上げる年末行事

 千葉県成田市の成田山新勝寺で12月28日、「納め札お焚(た)き上げ柴灯大護摩供」が行われる。

 一年間に納められた古いお札をたき上げる恒例行事。お札は不動明王の分身とされており、燃やすことで炎に返し感謝をささげる意味があるという。

 山伏らによって護摩壇が設けられ、読経が響く中で納め札がたき上げられる。この時燃え上がる炎はあらゆる罪や災いをも焼き尽くすといわれており、多くの参拝客らは炎に手を合わせて一年の無事と家内安全に感謝する。

 問い合わせは、成田山新勝寺(電話0476−22−2111)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2016年12月07日 (水) 9:37