■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
広島・壬生で華やかな早乙女が田植え

 広島県北広島町の壬生(みぶ)の花田植特設会場で6月5日、「壬生の花田植」が行われる。

 江戸時代から同地に伝わる伝統行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている。

 豪華絢爛(けんらん)な装具を着けた飾り牛が代かきを行った後、太鼓やかねのはやしに合わせて早乙女が田植え歌を歌いながら苗を植えていく。

 当時の農村において数少ない娯楽要素を持っていた行事で、着飾った早乙女たちが苗を植える様子が華やかであることから「花田植」と呼ばれるようになったとされている。

 問い合わせは、北広島町観光協会(電話0826−72−6908)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2016年05月23日 (月) 9:23