■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
埼玉・横瀬で14種の神楽奉納する行事

 埼玉県横瀬町の武甲山御嶽(ぶこうざんおんたけ)神社里宮で10月1日、「里宮の神楽」が行われる。

 1596(文禄5)年に五穀豊穣(ほうじょう)を祈り奉納したのが始まりとされ、戦前は公演中に炭焼きをしている人が多かったことから「炭焼き神楽」とも呼ばれていた。

 大太鼓、小太鼓、笛のはやし方が舞台上ではなく、楽屋内から演奏する「隠ればやし」が最大の特徴。全14座が奉納され、「大黒舞」では三宝に載せた供物が見物客に振る舞われる。

 問い合わせは、横瀬町振興課(電話0494−25−0114)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年09月03日 (木) 9:30