■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
福井・七間通りで400年の歴史持つ朝市

 福井県大野市の七間(しちけん)通りで3月21日、「七間朝市開き」が開かれる。

 同地域は碁盤の目状の通りや古い街並みが今も残る城下町。朝市は藩制時代から続くもので、400年余りの歴史を持つ。市は毎年春分の日から大みそかまで毎朝開かれており、農家の人々が季節の野菜や花を路上に並べて直売する。

 生産者たちと楽しく情報交換できる場として、地元住民だけでなく観光客にも人気のスポットだという。日曜と祝日は車の通行が規制され、歩行者天国となる。

 問い合わせは、越前大野七間朝市振興協議会(電話0779−69−9520)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2015年03月04日 (水) 9:59