■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
熊本・山都町で自然素材使った山車

 熊本県山都町の浜町商店街一帯で9月6、7日に「八朔(はっさく)祭」が行われる。

 「八朔」とは旧暦8月1日のことをいい、田の神に感謝し収穫の目安を立てる日とされている。同祭は秋の収穫を前に農家の人々を慰労するため、江戸時代中期から始まったとされている。

 祭の見どころは「大造り物(おおつくりもん)」と呼ばれる山車の引き回し。木の枝や皮、草など、自然の素材を使って作られた巨大像が山車に乗せられ、町内を練り歩く。

 像は大きいもので高さ5〜6bにもなり、毎年各町内や学校ごとに趣向を凝らして作られる。

 問い合わせは、山都町八朔祭実行委員会(電話0967−72−1158)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年08月27日 (水) 9:32