■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
奈良・桜井で古代都市「海石榴市」再現

 奈良県桜井市の金屋河川敷公園特設会場で9月6日、「大和さくらい万葉まつり」が開かれる。

 会場周辺は、日本初の市「海石榴市(つばいち)」が開かれたとされ、「万葉集」にも登場する場所。当日は現代版海石榴市として、地場産品を集めた屋台が多数出店する。

 また、夢や希望、恋心や大切な人への感謝の気持ちを手作りの灯ろうに込めて大和川に流す「歌垣火送り」も行われ、数千の灯ろうが夜の川面を美しく照らす様は幻想的。

 このほか、ステージではご当地アイドルのライブやダンスパフォーマンス、和楽器演奏などの催しも行われる。

 問い合わせは、桜井市観光まちづくり課(電話0744−42−9111)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年08月14日 (木) 16:9