■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
長崎・市内各所で紫陽花を楽しむ

 長崎市のシーボルト記念館、シーボルト邸跡、眼鏡橋周辺などで6月15日まで、「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」が開かれている。

 紫陽花は出島のオランダ商館医・シーボルトお気に入りの花で、妻・お滝の名前から「オタクサ」という学名を付けてヨーロッパへ紹介したとされる。

 期間中はシーボルトゆかりの場所をはじめ、市内各所に約5千株の紫陽花が設置され、色とりどりの花を観賞することができる。

 問い合わせは、長崎市コールセンター「あじさいコール」(電話095−822−8888)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年06月09日 (月) 9:14