■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
佐賀・唐津で秀吉が始めた大綱引き

 佐賀県唐津市の三神社前などで6月7、8日に「呼子(よぶこ)大綱引」が行われる。

 文禄・慶長の役のころ、豊臣秀吉が兵の士気を鼓舞するため、加藤清正と福島正則の陣営を東西に分け、軍船のとも綱を使って綱引きをさせたのが始まりとされる。

 「岡組」と「浜組」に分かれ、直径約15a、長さ約400bの大綱を「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声で引き合う。

 岡組が勝った年は豊作、浜組が勝った年は大漁になるといわれている。

 問い合わせは、唐津市呼子支所産業課(電話0955−53−7165)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年05月20日 (火) 9:4