NEWS

島根・隠岐で子どもの名書いた凧揚げ

 島根県隠岐(おき)の島町の総合運動公園で4月13日、「隠岐いぐり凧(だこ)まつり」が開催される。

 「いぐり凧」は同地域に伝わる伝統の凧。凧の周囲に10個のえぐられた形の耳があることから、「えぐり」が「いぐり」に転じてこの名になったとされる。

 子どもの誕生など、祝い事の際にこの凧を作成する風習があったことから、前年に生まれた子どもの名前を入れた凧が揚げられる。

 凧は小さいものでも2〜3畳、大きなものは7〜8畳ほどの大きさで、「いぐり」の部分が風に吹かれると「ブルッ、ブルーン」と鳴るのが特徴。

 問い合わせは、隠岐の島町観光課(電話08512−2−8575)へ。

Last Update : 2014年04月02日 (水) 9:10


 

Copyright (c) 2005 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年04月02日 (水) 9:10