NEWS

千葉・鎌数伊勢大神宮で伝統の神楽

 千葉県旭市の鎌数(かまかず)伊勢大神宮で3月27、28日に「鎌数の神楽」が行われる。

 「鎌数の神楽」は、宝暦年間(1751〜63年)から同神宮の春祭で奉納されている、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する神楽。県の無形民俗文化財にも指定されている。

 境内の神楽殿で、「猿田彦」「おかめ」「タイ釣り」など12座の舞と2つの稚児舞が披露される。太鼓や鼓、笛による古式豊かな演奏も加わり、伝統の神楽を引き立てる。

 期間中は多くの露店や植木市なども並び、大勢の参拝者でにぎわう。

 問い合わせは、鎌数伊勢大神宮(電話0479−62−1982)へ。

Last Update : 2014年03月11日 (火) 9:6


 

Copyright (c) 2005 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年03月11日 (火) 9:6