NEWS

熊本・木原不動尊で修験者による荒行

 熊本市の木原不動尊で2月28日、「木原不動尊春季大祭」が行われる。

 同寺は千葉県の成田不動尊、東京都の目黒不動尊と並ぶ日本三大不動尊の1つに数えられる。かつて大干ばつの際、人々が本尊の不動明王に祈ったところ田に水が引き上げられ、不動尊の足には泥水の跡が付いていたという伝説から「水引不動」とも呼ばれている。

 大祭では修行僧がほら貝を吹く中、修験者が経を唱えながら燃え尽きた護摩木の上を歩く「火渡り」や、煮えたぎった釜の熱湯の中に座る「湯立て」などが行われ、その気迫あふれる様子に詰め掛けた参拝者からは歓声が上がる。

 問い合わせは、木原不動尊(電話096−357−4515)へ。

Last Update : 2014年02月13日 (木) 9:5


 

Copyright (c) 2005 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年02月13日 (木) 9:5