NEWS

山口・秋吉台で春を呼ぶ山焼き

 山口県美祢(みね)市の秋吉台で2月16日、「秋吉台山焼き」が行われる。

 秋吉台は同県西部に広がる日本最大のカルスト(石灰岩)台地。地下には東洋一といわれる鍾乳洞もあり、同県を代表する観光スポットとなっている。

 同イベントは約650年前から行われている伝統行事で、冬の枯れ草を焼き、春の新芽を促すというもの。

 午前9時半から1500fの台地に火が放たれ、炎と煙が辺り一面を包む。午後7時からは、日中焼かずに残していた部分に火が入れられる。5b近く立ち上る炎や直径50bの火文字が闇に浮かび上がり、夜の秋吉台に幻想的な世界をつくり出す。

 問い合わせは、美祢市農林課(電話0837−52−1115)へ。

Last Update : 2014年01月17日 (金) 9:6


 

Copyright (c) 2005 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2014年01月17日 (金) 9:6