■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
茨城・袋田の滝で幻想的なライトアップ

 茨城県大子(だいご)町の袋田の滝で来年2月11日までの週末を中心に、「奥久慈(おくくじ)袋田 滝紀行 秋の美観瀑(ばく)〜冬の氷瀑」が開催されている。

 袋田の滝は日本三名瀑の一つに挙げられ、高さ120b、幅73bの大きさを誇る。滝川が4段にわたり岩肌を流れ落ちることから、別名「四度の滝」とも呼ばれる。また同所を訪れた平安末期の歌人・西行法師が「四季に一度ずつ来て見なければ真の趣は味わえない」と絶賛したことに由来しているとの説もある。

 イベントでは滝やつり橋をライトアップし、普段は見ることができない幻想的な冬の風景を演出する。寒さの厳しい冬には滝全体が凍る「氷瀑」という現象が見られることもある。期間中、12月からは滝のトンネル入り口で温泉入浴割引券のプレゼントがあるほか、1月11日には郷土料理・奥久慈しゃも法度汁が振る舞われる。

 観瀑料金は大人300円、小中学生150円。
 問い合わせは、大子町観光協会(電話0295−72−0285)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年12月11日 (水) 9:7