■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
大分・国東で起源不明な奇祭

 大分県国東(くにさき)市の岩倉社で10月14日、「ケベス祭り」が開かれる。

 同祭りは、起源や由来が一切不明の奇祭。国の選択無形民俗文化財になっている。

 同社の境内に設けられた燃え盛るシダの山を守る白装束の「トウバ」と、そこに突入しようとする奇怪な木の面を着けた「ケベス」が火をめぐって争う。

 9度目の突入でケベスがシダの山に突っ込み、火を蹴散らすと、トウバも一緒になってさすまたの先に火の付いたシダの束を刺し、参拝者に火の粉を浴びせる。この火の粉を浴びた人は無病息災で過ごせるといわれている。

 問い合わせは、国東市商工観光課(電話0978-72-5168)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年10月09日 (水) 9:11