■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
神奈川・鎌倉で江戸時代から伝わる奇祭

 神奈川県鎌倉市の御霊(ごりょう)神社で9月18日、「面掛(めんかけ)行列」が行われる。
 
 同行事は、鶴岡八幡宮(同市)で行われていた「舞楽面の面掛行列」に倣って江戸時代から行われるようになったとされ、現在では御霊神社のみで行われている奇祭。

 当日は10種類の面をかぶった氏子たちが行列をなして町を練り歩く。

 天狗(てんぐ)の面を着けた猿田彦を先頭に爺(じい)、鬼、異形(いぎょう)、鼻長、烏(からす)天狗、翁(おきな)、火吹男(ひぶきお)、福禄寿(ふくろくじゅ)、おかめ、産婆の順に続く。

 問い合わせは、御霊神社(電話0467-22-3251)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2013年09月13日 (金) 8:59