■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
福島・須賀川で歴史深い火祭り

 福島県須賀川市の翠ケ丘公園内五老山で11月10日、「松明(たいまつ)あかし」が開かれる。

 400年の伝統を誇る、日本三大火祭りの一つ。

 天正17(1589)年、火攻めによって伊達政宗に滅ぼされた須賀川城主とその家臣など、多くの人々の霊を弔うために行われる。

 祭りでは、若衆約150人が担ぐ長さ10b、重さ3dもある大松明や姫松明が、五老山を目指して街を練り歩く。後には少年少女の武者行列、須賀川城主、家来の武者に扮(ふん)した行列などが続き、街は祭り一色となる。

 到着後は大松明、姫松明、約30本の本松明に、須賀川城跡に建つ二階堂神社の御神火が次々と点火され、晩秋の夜空を焦がすように燃え上がる。

 問い合わせは、須賀川観光協会(電話0248-88-9144)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年11月07日 (水) 9:5