■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
奈良・當麻寺で極楽往生再現する神事

 奈良県葛城市の當麻寺(たいまでら)で5月14日、「當麻寺練供養会式」が行われる。

 同寺は天平時代に藤原家の娘・中将姫が尼となった寺で、姫が5色のハスの糸を使い極楽浄土の光景を織ったという「當麻曼荼羅(まんだら)」は国宝に指定されている。

 同式では、観音菩薩(ぼさつ)をはじめとする25体の菩薩が、現世に里帰りした姫を迎えて極楽へ導く様子を再現する。

 当日は境内の本堂を極楽浄土、娑婆(しゃば)堂を人間界に見立て、その間に約100bの橋が架けられる。菩薩たちは華やかな法衣に金色の面を付け、ゆったりとした動作でお練をしながら橋を往復する。

 問い合わせは、當麻寺(電話0745−48−2001)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年05月02日 (水) 9:3