■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
愛媛・八幡浜で座敷一面の雛飾り

 愛媛県八幡浜市の真穴地区で4月2日と3日、「真穴の座敷雛(ざしきびな)」が行われる。

 同行事は長女の初節句を祝って行われる伝統行事で、江戸時代から始まったとされる。

 各家の座敷に、盆栽や桜の枝などで飾り山野を模した箱庭のような舞台が作られる。その中に雛人形を据え、人形の前には鉢盛料理やひしもちなどを並べる。

 デザインから設置まで地元住民が協力し合い、数週間かけて行われるが、「雛飾りを長く出しておくと嫁ぐのが遅れる」とされることから終了後はすぐに取り壊されてしまう。

 2日間限定の豪華絢爛(けんらん)な座敷雛を一目見ようと、毎年全国から多くの観光客が訪れる。

 問い合わせは、八幡浜市(電話0894−22−3111)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年03月30日 (金) 9:8