■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
埼玉・總願寺で勇壮な節分行事

 埼玉県加須(かぞ)市の不動ケ岡不動尊總願(そうがん)寺で2月3日、「節分会(せつぶんえ)鬼追い豆まき式」が行われる。

 同行事は390年以上の歴史を持つ伝統行事。その荒々しさは全国でも珍しいとされ、毎年多くの参拝客が訪れる。

 鐘の音を合図に、燃え盛る長さ3b、重さ約30`の大たいまつを掲げた赤鬼に続き、剣を振りかざす青鬼、こん棒を抱えた黒鬼が登場し、不動堂の回廊を駆け巡る。赤鬼が振り回す大たいまつの火の粉を浴びると厄よけになるとされている。

 式は正午と午後4時、8時半からの3回行われる。鬼の退場後「鬼は外、福は内」の掛け声と共に福豆と福銭がまかれ、参拝客らは「福」をつかもうと一斉に手を伸ばす。

 問い合わせは、不動ケ岡不動尊總願寺(電話0480−61−0031)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2012年01月31日 (火) 09:40