■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
三重・湯の山温泉で迫力ある炎の祭典

 三重県菰野(こもの)町にある湯の山温泉周辺で10月1、2日に「第42回僧兵(そうへい)まつり」が行われる。

 戦国時代、同温泉にある「三岳(さんがく)寺」には数百人もの僧兵がおり、武家政治の横暴に対して勇敢に戦ったといわれている。同祭りは彼らをたたえ、現代にその姿を伝えようと始められたもの。

 僧兵の衣装に身を包んだ男たちが、約50本のたいまつを付けた「火炎みこし」を担ぎ、温泉街を練り歩く。炎が燃え盛り、夜空に火の粉が飛び散って迫力ある神輿(みこし)を見ることができる。

 そのほか僧兵太鼓の披露や、女性だけで担ぐ「かえでみこし」が祭りを盛り上げる。

 問い合わせは、湯の山温泉協会(電話059−392−2115)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2011年09月27日 (火) 9:3