■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
滋賀・東近江市で八日市大凧が空舞う

 滋賀県東近江市の愛知川八千代橋下流河川敷で「八日市大凧まつり」が5月29日に開催される。(雨天時は6月5日に延期)

 国の無形民俗文化財に選定されている畳100枚分もの大凧・八日市凧は、江戸時代中期に男児の出生を祝って5月の節句に鯉のぼりと同じように掲げられたのが始まり。

 八日市大凧の最大の特長は凧の大きさにある。過去には畳200枚分以上の大凧が舞い上がったこともある。

 当日は、午前11時30分から100畳敷大凧が揚げられる。100畳敷大凧には100人もの引き手が必要となり、当日は引き手も募集される。

 ほかにも全国各地から凧愛好家や保存会が集まり、さまざまな種類の凧が春の大空に舞い上がる。

 問い合わせは、八日市大凧まつり実行委員会事務局(電話0748-24-1234)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2011年04月22日 (金) 9:52