■ E TOPICS(全国の行事、観光情報)
滋賀・近江八幡市で大松明が夜空焦がす

 滋賀県近江八幡市の日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)で「八幡まつり」が4月14、15日に開催される。豊臣秀次の開町以前から行われ、1000年以上の歴史を誇る伝統の祭り。

 14日は松明(たいまつ)への奉火を行う火祭り「松明まつり」が実施され、午前中に「大松明結い」、昼から「子ども松明の奉火」が行われ、午後7時ごろからは神役太鼓が宮入する。午後8時になると、上之郷の松明からその年に定められた順に火が放たれ、夜空を焦がす。中でも約10bの大松明を寝かせた状態で持ち込み、30度ほど起こした状態で松明に火を付け、火の粉をかぶりながら松明を起こしていく姿は勇壮。

 また、大太鼓が宮入する15日の「太鼓まつり」では、午前10時から「例祭」、午後2時半から「太鼓渡り宿入り」があり、午後4時から「大太鼓の渡り」が行われる。この渡りも昔からの決まった順番で宮入し、鳴らされる太鼓の打ち方は各郷に伝わるものとされている。

 問い合わせは、近江八幡駅北口観光案内所(電話0748-33-6061)へ。


 

Copyright (c) 内外総合通信社 Naigai Sougou Press All Rights Reserved / Update : 2011年04月12日 (火) 11:6